[PAXNET News] チェスヒョン前金融監督院枚、ブロックチェーンのM&Aプラットフォーム社の顧問に参加

<写真=뉴시스>

チェスヒョン元金融監督院長がブロックチェーンのM&Aプラットフォーム社」ジビエ時コリア(GBCコリア)」アドバイザーとして参加する。

ジビエ時コリアは31日、チェスヒョン前金融監督院長をアドバイザーに迎え入れて、新規のエンジニアチームと運用管理チームのメンバーを公開した。金融投資業界の専門家で構成されジビエ時コリアはチェスヒョン元金融監督院長の参加に金融監督サービスを強化してブロックチェーンのM&A市場で取引の透明性と投資家の信頼を高めることができると期待した。

崔前金融監督院長は行詩25回路公職に入門した後、財務省イジェグクを経て盧武鉉大統領時代青瓦台経済政策首席室などで働いた。以降、金融委員会企画調整官、ハンナラ党シニア専門委員を務めた。以降の金融情報分析ウォン(FIU)院長、金融監督院シニア副を経て、2013年の金融監督院長を歴任した。

ジビエ時コリアはブロックチェーンベースのM&Aのプラットフォームとして、既存の証券会社や法律事務所などの仲介機関に提出しなけれ手数料のコストと時間を削減し、専門知識がない一般投資家も小額でM&Aに参加できるサービスを用意している。 15日には、M&Aプラットフォーム「MAP」のデモ版試演会を開いた。

去る3月には、Googleが選ん世界的な未来学者トーマス・フレイ・ダ・ヴィンチ研究所所長を顧問に迎えて話題になった。

dygong@paxnetnews.com

原文 : http://www.paxnetnews.com/allView?vNewsSetId=6073&articleId=2019053120293703336

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.