Min Byung-doo国会政務委員長”M&Aプラットフォーム大きな意味…多数企業にチャンス提供”

GBCKOREAがグローバル買収合併プラットフォーム’MAP’を発売し、誰でも制約なしに一回のクリックで買収取引に参加できるようになった。

6日JW Mariott Hotelで行われた’GBCKOREAカンファレンス’でMin Byung-doo、国会・政務委員長は”移転までは規制がひどくて新しい夢を広げなかったが、最近、クラウドファンディング法がつながった”、”以来、プラットフォームの売買ができたの若い人を含めて、投資に意思がある人たちが、クラウドファンディングを通じて種子を作っていくことができるようになった”と話した。

さらに、「投資を行い、規模を拡大する過程としてはIPO(企業公開)とM&A(買収合併)などがある」とし、「しかし、これまでM&Aは少数の専門家と規模の大きい企業に有利で、多数の企業には機会が提供されなかった」と指摘した。

Min Byung-doo委員長は”多くの企業が成長や跳躍を必要とする時合併プラットフォームがあるのなら助けになるように見えるが、今回の合併プラットフォーム’MAP’がとても意味がある”、”4次産業革命とブロックチェインを活用した技術は、中国ですでに相当部分発展されている”と伝えた。

続いて「今回の席はデジタルITなどは誰が大衆化して広げるかなどを論議する場」とし、「世界的な標準化を導いていくために意味あるアイデアを共有してほしい」と話を終えた。

Jay Lee GBCKOREA代表は、「世界中どこでも誰でもいつでもM&Aに参加できる道が開かれた」とし、「新しい機会を提供している金融セキュリティ、ピンテックなど、我々が持っているブロックチェーン技術に注目しなければならない」と明らかにした。

オリジナル: http://www.etoday.co.kr/news/view/1831043

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.