[JoongAng Daily] 個人もM&A市場への投資が可能です。暗号通貨

GBCKOREAは6日,ブロックチェーンに基づいたMAPプラットフォームのリリースを発表した。 MAPは,ブロックチェーン技術を応用したUCX(暗号通貨)に基づき,世界各地でどの企業が販売されているかをチェックすることで,個人が容易にM&Aに参加できるように設計されている。 UCX は,グローバルな M&A プラットフォーム用に開発された暗号化トークンです。 それはM&Aプロジェクトに投資するのに利用できる。 “ブロックチェーン技術がM&A分野に適用されたのは,MAPが初めてです”とGivishikoriaは述べた。

MAPを使用すると,個人も少量でグローバルなM&Aに参加できる。 最低投資額は300万ウォンから。 既存のM&A市場は,情報不足と取引閉鎖のため,一般にはアクセスできなかった。

今のところ,ジビッチョリアは地図を活用して日本の上場企業を引き継ぐことを目指している。 そのため,今月は日本でもデュー·ディリジェンスが予定されている。 海外の投資家向けに,同社は今年中に英語,中国語,日本語版もオープンする予定だ。

同社の張慶浩(チャン·ギョンホ)専務理事は,”一般人がマップにアクセスできないようにするためには,旧M&Aには,長い時間,高いコスト,高い投資額,多くのブローカーの専門知識が必要だった”と述べた。 “MAPは,世界中の誰もがUCXに参加できるようにします。UCXは,自己暗号化通貨であるだけでなく,BitcoinやEtheriumなどの他の暗号通貨も獲得できるのです。”

オリジナル:https://news。 joins.com/article/23625717

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.