[fnマーケットウォッチ] UCX、世界初で暗号通貨の価値評価に成功

世界で初めて会計法人と大学産学協力団の価値を評価された、暗号化肺が今年11月に初取引を始める。その主人公はジビシコリア(GBC Korea)がお目見えする「UCX」だ。

7日高鐘文(コウジョンムン)ジビシコリア代表はファイナンシャルニュースとのインタービューで「国内におけるブロックチェーン政策は速度よりも方向性のほうが大事である。」と述べながら、「ブロックチェーンを支える暗号通貨市場が全世界的に急成長していますが、政府や規制当局では取引の安定性などの理由から導入を躊躇しているようである。こういった状況の中で取引の安定性はもちろん暗号通貨の未来価値をきちんと評価し、暗号通貨の成長性を検証してみたかった。」と述べた。

一方で「投資家らも数多くの暗号化肺のうち,信頼して取引でき,未来の成長性が担保された価値がどれだけあるか気になるニーズが大きい」とし「これに世界的な会計法人グラント・ソントンと協力関係の大州會計法人を通じて党社が披露するUCXの価値を付けることになった」と説明した。 

実際にUCXの価値を評価するため、大州會計法人は延世大学校産学協力団に依頼し、物理学と数学とを結合した、公式にて数千回ものシミュレーションを行った。

高代表は「当社が披露するプラットフォームの大きさと年間暗号化肺市場の上昇率によってUCXの価値を3つ(Positive、Base、Negative)に分類した」「シナリオ別の価値評価の結果、来る2025年10月基準のUCXの価格は、27.61ドルから35.8ドルまでの間と推定される」と述べた。

暗号通貨の発行による資金調達(ICO)が未だ許容されていない国内において、安定性を備えた暗号通貨の登場が意味するものは大きいというのが高代表の考えである。

2013年度に16億ドル規模であった、暗号通貨市場は2018年現在(8月5日基準)2538億ドルまで成長した。 

高代表は「ここまで成長する暗号通貨市場の中で、取引の安定性を備えた暗号通貨だけでもICOを許容するための法案を用意しなければならないという考えから、民間企業が自ら価値評価作業を行ったものである。投資者たちにとっても未来価値が担保された安定的な取引手段として暗号通貨を認識するきっかけになって欲しい」と強調した。 

一方、ジービーシーコリアはブロックチェーンを通じて合併買収(M&A)に容易にアプローチ可能なブロックチェーンプラットフォームも世界初で開発した。現在株式の譲受・譲渡取引は予備実査・優先交渉権者選定・本実査など現場のみプロセスが行われているのが実情である。これに対し、ジービーシーコリアがアメリカのシリコンバレーに所在するテクコインズ社と一緒に開発した、プラットフォームは合併買収に伴う、こういった複雑で非効率的な問題点を解決すると同時にハッキングなどといったセキュリティの脆弱点をも一挙に解消できるといった長所を備えている。

即ちプラットフォームの中で全ての当事者・投資者・管理者が業務の進行プロセスをリアルタイムで把握し認証するため、取引のプロセスが簡便でありながら、個人情報の漏洩もないということである。UCXトークンはERC-20基盤の暗号トークンである。資産の取得プラットフォームの運用及び開発のために使用され、取引当事者同士で経済的な価値を交換する基本媒体としての役割を担う。

kakim@fnnews.com 金ギョンア記者

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.