[Financial News] GBC KOREA、グローバルM&Aプラットフォーム”GMAP(Gマップ)”プロジェクトの稼動が接近

GBC KOREAがグローバルM&Aプラットフォーム”GMAP(Gマップ)”のモバイルアプリケーションをリリースして以来、プロジェクトの稼動を狭めています。

GBC KOREAの”GMAP(Gマップ)”は世界のいかなる国や人種、宗教に関わらず、誰もがいつでも、どこでもクリックしてM&A(SI、FI)取引に参与できるように設計されたM&Aプラットフォームサービスです。 最近、多国語バージョンまで完了したことで、従来の日本の投資者はもちろん、英米圏の投資者と中国の投資者など世界の投資者らから注目されています。

GBC KOREAが11日に発表した内容によると、”GMAPモバイルアプリケーションはこれまでコロナウイルスなどにより、プロジェクトを稼動する時点で悩みはもちろん、数多くのターゲットについて深く検討してきました。

会社の関係者は”もうモバイルバージョンの上市とともにいつでも、どこでも小額でM&A(SI、FI)へ参与が可能な時点となり、プロジェクトを稼動させる万全の準備を整えている”とし、”まもなく稼動するプロジェクト業務に全力を傾けている”と明らかにしました。

現在、20個余りのプロジェクトのうちから4つに圧縮されており、最終的にプロジェクトが決定されると、公示後に協商されます。 未公開情報の利用行為の禁止と株式と連動する部分があるため、内部職員にも極秘に進められているというのが会社側の説明です。

今後、”GMAP”の会員は、モバイルを通じてより手軽にプロジェクトに参与し、売却企業もリアルタイムで確認できるサービスを提供されることになります。

これまでプロジェクトへの協商を待ってきたホルダーたちは、今回のモバイルバージョン上市への期待感がとても大きいです。 そのため、これまで低迷していた市場の雰囲気が反転を起こせるかを注目しています。

GBC関係者は”コロナ以降、政府では韓国版のニューディール政策を推進し、非対面産業の育成、デジタルインフラの構成などを構想しているが、こうした政府政策に便乗してGBCはオンラインプラットフォームをタイムリーにオープンした”とし、”今後、国内だけでなく全世界に跳躍できる土台を設けたという点で意義が大きい”と述べました。 それとともに”また、予期せぬコロナによって市場の変動性が高まったが、再びコロナが沈静化する時点でパッシブファンドが活性化すると見ている”とし、”このような時点でGMAPプラットフォームを通じたM&A取引は効率的な市場状況に対する代案として、パッシブファンドの効率性を高めることができる”と付け加えました。

これまでM&Aは機関投資者たちの占有物だったが、”GMAP(Gマップ)”を通じてなら一般の投資者たちもM&Aに参与できる機会を持つことができるようになります。

特に今回のコロナ事態以後、株式市場に吹いてきたいわゆる”東学アリ”ブームがモバイルアプリケーション”GMAP(Gマップ)”上市を通じてM&A市場でも吹いてくるかどうかが注目されています。

一方、GBC KOREAは、グーグルが選定した最高の未来学者―トーマス·プレーや量子力学の碩学―ミナス·カパトスなどの碩学や、元金融監督院長―崔守鉉(チェ·スヒョン)、元JP Morgan代表―金東珍(キム·ドンジン)などを顧問に迎え入れ、話題となっている企業です。

オリジナル: https://www.fnnews.com/news/202005110950339903

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.