[Financial News] GBCコリアがグローバルM&Aプラットフォーム”GMAP(Gマップ)”のモバイルアプリケーションを8日にロンチングすると発表した。

GBCコリアが7日に発表したところによると、”GMAP(Gマップ)”は世界の誰もがいつでもどこでも制約なくクリックし、一度でM&A取引に参加できるよう設計されたM&Aプラットフォームサービスである。

“GMAP”モバイルアプリケーション”は、既存の”MAP”会員がモバイルを通じてより手軽にプロジェクトに参加し、暗号化トークン(UCX)を基盤に、売却企業をリアルタイムで確認できるサービスを提供する。

また、今回のモバイルアプリケーションのロンチングにより、従来の韓国ウォンやイーサリアムだけで”MAP”からUCXを購入することができるのであれば、今からはビットコインでも購入できるよう、サービスを追加した。

一方、GBCコリアはアプリケーションのロンチングを記念して、4月の1ヵ月間、100%当選イベントを実施する。

既存の”MAP”会員は、モバイルアプリケーションをダウンロードすれば、誰でも出金手数料1回無料サービスを受けることができる。 アプリケーションをダウンロードした後、レビューを追加で作成すると、抽選でUCX、無料コーヒーバウチャーがプレゼントされる。

推薦者イベントを通じて会員登録の際、推薦者欄に推薦者を入力し、最も多くの推薦を受けた会員はより特別な特典を受けることができる。

推薦順位によって最新バージョンのノートパソコン、最高級無線イヤホン、デパートの商品券などをプレゼントする予定である。

GBCコリアの関係者は、”既存の’MAP’会員の方々と新規会員の方々ともに特典をあげたいという気持ちで、今回のイベントを準備することになった”とし、”今までM&Aは少数の専門家と大規模の企業に有利で、多数の企業と一般投資家には機会が提供されなかった”と述べた。

続いて、”しかし’GMAP(Gマップ)’を通じてなら一般投資家もM&Aに参加できる機会を持てる”とし、”今回のモバイルアプリケーションロンチングを通じてより簡単にプロジェクトに参加できる機会になればと思う”と付け加えた。

オリジナル: https://www.fnnews.com/news/202004071038297184

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.