[Financial News] 未来学者「Thomas Frey」が撮影した「ブロックチェーンM&Aプラットフォーム」、来月稼動

韓国を訪問した世界的な未来学者Thomas Freyが、韓国企業が開発したブロックチェーンの基盤M&Aプラットフォームに参加する。 M&Aプラットフォームを通じて、かつて企業のM&Aには参加する夢も見なかった一般人が参加の機会を得るようになり、これと関連した雇用もさらに拡大できるというのが、彼の事業参加の理由だ。

Thomas Freyはこの6日、ソウルJW Marriot Hotelで開かれた’ブロックチェーンやデジタル貨幣の将来展望’カンファレンスで”合併プラットフォーム’MAP’に顧問として合流することになった”と明らかにし、”MAPを通じて今より2倍以上の合併に試みが増えるだろう”と展望した。 Thomas Freyはこの2006年Googleが選定した未来学者の一つだ。 彼は来る2030年まで雇用20億個が消えるだろうという発言としてもよく知られている。

Thomas Freyは”20億個の雇用がなくなるという言葉だけを様々なメディアに引用されているが、悲観的な話をしようとしたのではなく、警戒心を与えるために言った言葉”とし、”事実、技術のため、雇用が消えるのではなく、雇用はそのままだが、仕事をしている人たちの課業が変わることと理解しなければならない”と強調した。

さらに、技術が生み出す新しい雇用と課業に注目しなければならないと強調した。 新しい雇用は人工知能(AI)や無人技術、ブロックチェーン、モノインターネット(IoT)のような「触媒的技術」によって生まれると説明した。 例えば、無人技術によって医療サービス、流通売場、ゲームセンターが無人移動車で消費者を訪れるサービスが登場し、そのための新しい雇用と課業が登場するということだ。

彼はブロックチェーンの技術も触媒的な技術だと説明した。 Thomas Freyは”GBCKOREAのブロックの基盤の買収合併プラットフォームMAPは、全世界誰にも簡単に買収合併に参加できるように支援するために韓国の合併の数字と規模は2倍以上増えること”とし、”このような合併を通じて成長する企業もさらに多くなることであり、これは、まさに雇用拡大につながること”と言及した。

同日のカンファレンスで祝辞を務めた閔丙斗(ミン병ビョンドゥ)国会政務委員長も、「M&Aプラットフォームが企業にとっても新しい機会になり得る」と強調した。 同氏は「これまでM&Aは規模の大きい企業にだけ開かれていたし、小さなスタートアップ(創業初期企業)はただ見ていただけの領域だ」とし、「大多数のスタートアップが越えられずに消えるというデスバレーに直面した時、誰でも簡単にM&Aができるプラットフォームがあれば、創業に飛び込む人々にどんなに良いだろうか」と言及した。

一方、カンファレンスを開催したGBCKOREAのイ 이경ギョンホン代表は同日、M&Aプラットフォーム「MAP」を実際に試演した。

「MAP」は企業と機関だけが参加できたM&A市場に、一般個人も暗号化紙幣「UCX」を通じて参入できるようにしたプラットフォームだ。

GBCKOREA代表は「従来のM&A市場は複雑なプロセスと法的手続きなどで一般人が参入するのが難しかったが、MAPでは誰でも簡単にM&Aに参加できるようにした」と説明した。 GBCKOREA側は来月中にMAPを通じて実際の企業をM&Aする事例を作り、MAPプラットフォームの価値を証明するという計画だ。

オリジナル: http://www.fnnews.com/news/201912091142049588

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.