[ETNEWS] GBC KOREA、ブロックチェーン基盤グローバルM&Aプラットフォーム「MAP」オープン。

GBC KOREAは、誰でも企業買収合併に参加できるブロックの基盤の買収合併プラットフォーム’MAP(マップ)’をオープンすると13日明らかにした。

マップは、韓国を含む世界有望企業のM&A取引に専門知識のない個人も小額で簡単に参加し、収益を出せるサービスだ。 マップは暗号化トークン(UCX)をベースとする。 世界のどこでも売却企業を確認し、簡単にプロジェクトに参加できるように設計された。 一般人も暗号化廃取引所でUCXを購入し、プラットフォームに登録された企業情報を閲覧し、企業買収合併に参加できるようになる。

M&Aプロジェクトの提案、取引参加、企業情報の照会、保有資産管理、プロジェクト転換、保有資産の流動化など、全てのM&A取引の手続きがプラットフォーム内で行われるようにした。

「MY資産現況」で入出金の現況保有資産の現況などを確認しながら資産管理も可能である。 参加プロジェクトの定期報告書機能も搭載した。 企業経営現況が参加者に透明に共有される。

プラットフォーム内に自社取引所を設け、資産流動化とプロジェクト転換が自由になるように設計された。

参加者は特定のM&Aに参加した後、一定期間が過ぎれば取引所でいつでもプロジェクトを売り渡し、資金を回収することができる。 他のプロジェクトに乗り換えることもできる。

今年英語、中国語、日本語バージョンを先にオープンする。 今後、各国の暗号化貨幣取引所でUCXを購入し、日本、欧州など世界の投資家がプラットフォームを通じてM&A取引に参加できるようにする計画である。

ジビシコリアは、「ブロックチェーン技術を活用した買収合併(M&A)プラットフォーム」として、国内外の特許出願を進めている。

ジビシコリアのイ 지ギョンホン代表は、「既存のM&Aは、大規模な投資金額や専門知識が必要で、一般人のアクセスが不可能な領域だった」とし、「マップサービスを通じて、M&A市場にも一般投資家が参加できる道が開かれた」と語った。

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.