[fnマーケットウォッチ] 「”1秒当たり100万件”」ジビシコリア, ブロックチェーンである高速ソリューション開発

ブロックチェーンの技術を適用したM&Aプラットフォームを世界最初に開発した、ジビシコリアが19日に,今までブロックチェーン技術の難題とされていた、処理速度の問題を解決した新しいソリューションを発表した。 

合併買収(M&A)プラットフォームホームにおいて世界中の数多くのユーザが投資業務を進めるためには1秒当たり数万から数十万件のトランザクション(TPS: Transaction Per Sec.)を処理できるソリューションが 求められている。 

しかし、現在の,暗号通貨の始まり出だしであであるるビットコインは平均1秒当たり7TPS・,イーダリウムが20TPS・,イオスが3000TPSの水準を記録している。これは従来の金融サービスと比べても著しく劣る落ちる速度スピードだという指摘だ。  

一例としてイーダリウムプラットフォームホームで駆動されている、ダップ(DApp: Decentralized Applications)は 約2000余個だが,各々のダップ(dApp)で1秒当たりのトランザクションが発生すると仮定した場合、イーダリウムの速度は20TPS前後であるため各ダップは1分当り1件も処理できない状況が発生する。

世界で最も多くの取引を処理するカード会社の一つであるVISAビザカードは2万4000TPSを処理すると知られている。 このような状況では事実上ブロックチェーン技術を活用できないのが現状である。 

したがって数多くのブロックチェーン会社は処理速度を高めるための研究を進めており、イーダリウムも同様にさまざまな側面から多様に処理速度改善のための試みを進めている行っている。

テランス・·パク(、ジビシグローバル代表)は「”ジビシはアメリカ・米国シリコンベリーのテクコインズ(TechCoins)と共に1秒当たり100万件が処理できる技術を開発した」”しておりとし、「”さまざまな技術が複合的に適用され、、その内の一つはランダム選択持分証明(RPOS)プロトコルに基づく新しいシャーディング技術を使用することと」”と述べた。

그それとともに「”全体P2P(Peer to Peer)ネットワークを複数のノードグループに分け、, 各ノードグループに 含まれているノードの中からノード検証者を選出する」”しておりとし、「”ノードグループで処理した作業はノード検証者逹の合議によってノードブロックを生成させ、これらは最終的にシャード検証者の検証によってマスターブロックを生成させる”」と付け加えた。

このような手続きで検証者を選出する過程プロセスはランダムによってサーバーが自動的に選出し、,この過程を通じて1%の実行問題を解決するというものだ。

パク代表は「”この技術を適用することでブロックチェーン技術を基盤にしたM&Aフラットフォームサービスホームサービスが安全かつ効率的に提供できる」”と見越した展望した。

kakim@fnnews.com キム·ギョンア記者

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.