量子力学碩学‘ミナス・カパトス’、 GBC KOREAに顧問として参与

ジービーシーコリア(GBC KOREA)が量子力学科天体物理学分野の世界的な碩学‘ミナス・カパトス( Menas C. Kafatos )’博士を顧問として迎え入れた。

ミナス・カパトス( Menas C. Kafatos)博士は、現在アメリカのチャップマン大学計算物理学科の教授として、コーネルとMITから学士学位と博士学位を取得した世界的な物理学者である。科学分野から多数の科学賞を受賞し、2017年から今まで‘ニューヨークタイムズ’にベストセラー作家として選定された。量子力学、天体物理学分野で計333編の論文を発表して、科学分野の新たな方向を提示し、影響力のある学者である。また、たくさんの科学者からノーベル賞の候補者として名乗っている。

ジービーシーコリアは、引受合併の取引にブロックチェーン技術を導入して、より少ない費用でM&A取引に参与できるように作らわれたプラットフォームである。取引による全ての情報が偽造または変造なしで、参与者らにオンラインで共有されるようにしている。買収者、売渡者、投資者等はスマートコントラクトを通じて取引ができる。

ジービーシーコリアは、‘未来に出てくる量子コンピューターがデジタルマネーに及ぼす影響について、すでに量子力学に対した理論は確立されたが、技術的な部分においては未熟であるとカパトス博士の意見を確認し’、今後、‘技術的な部分において、持続的な諮問を通じて参与者の信頼を最も高めていく’と示した。

ジービーシーコリアは、グーグルが選定した世界的な未来学者であるトマス・プレイ(Thomas Frey)ダヴィンチ研究所長を顧問として迎え入れた。トマス以外にも、前JPモーガンの韓国代表キム・ドンジン、ヒョソンキャピタル代表キム・ヨンドック、前金融監督庁長チェ・スヒョン等が顧問(アドバイザー)として活動している。

オリジナル: https://n.news.naver.com/article/018/0004568025

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.