[アイニュース24 ] GBCコリア、ブロックチェーン「グローバルM&Aプラットフォーム」を来年ローンチ

[アイニュース24 キム・ダウン記者]GBC(Global Blockchain Cryptocurrency)コリアは、世界の投資家が買収合併(M&A)に直接投資することができる「グローバルM&Aプラットフォーム」を来年リリースすると7日、明らかにした。

大規模な資金を持つ機関の専有物であったM&A取引に、個人投資家が簡単にアクセスすることができるよう、ブロックチェーン技術を導入するとの説明である。

情報が閉鎖的な企業M&A取引にブロックチェーン技術を適用し、世界のユーザー(買収者、投資家など)が投資銀行を経由せずにM&A情報を明確に認識して迅速に取引を行うことができると会社側は期待している。

M&A取引は、仲介者の介入(投資銀行、会計士、弁護士など)と、必要なデータが最も多い領域の一つである。 

GBCの関係者は、「ブロックチェーンは、分散型元帳技術を通じて、膨大な情報を迅速に共有することができ、スマート契約(電子自動契約)と仮想通貨を通じて資産価値を世界の誰にでも移転することができるようにする」とし、「ブロックチェーン技術が、M&A取引に革新的な変化をもたらすだろう」と予想した。

専用の仮想通貨(UCX)とスマート契約を通じて、M&Aの対象となる世界中の企業のプラットフォーム内での取引を可能にし、買収者、売主、投資家すべてが金融仲介者なしに、低コストで迅速にM&A取引を行うことができる構造とのことである。

モルガン・スタンレーなどのグローバル投資会社で経験を積んだGBCのテレンス・パク代表は、「M&Aは、高収益が期待できる取引であるにもかかわらず、一般投資家は、専門知識や投資規模などの優先順位を理由に疎外されてきた」とし、「M&Aプラットフォームを通じて、小規模な投資額と低コストで誰でもアクセスすることができるようになるだろう」と伝えた。

キム・ダウン記者 kdw@inews24.com

Subscribe

Get the latest updates
in your inbox.